サボテンの気持ち

とある統合失調症当事者のメモ帳。たまに日常。

置かれた場所が違いすぎて

先日、同窓会がありました。

集まった人数は少なかったのですが、とても密度の濃い楽しい時間でした。

 

その日に集まって話した内容によると同窓生達はそれぞれ仕事を頑張りつつ資格を取ったり、趣味の時間も大切にしているみたいでした。学生時代よりも皆は大人になったのだなぁと思い知らされました。

 

そして、ついに「君は今、なにしてるの?」という質問が。私は逃げるように「体調を崩して退職してしまったから、今は就職活動中だよ」と軽くにごしました。私の前職は体力勝負なところもあったので、その時より丸くなった私の体型を見てうすうすかんづかれていたかもしれません。

 

場の空気を凍らせたい訳ではないのですが、どうしてもこの手の話になると私には明るく話せることがありません。「数年前に体調を崩して入院してから毎週通院して、体調を少しずつ回復させていったんだ。今は職業訓練みたいな勤務をさせてもらって体力をつけて、次はオープンで就職したいと思ってるよ」なんて、中にはそれを話せる友人もいますが、同窓会では話しづらい内容ですね。

 

私が統合失調症になったのは、20代になってすぐでした。それ以来同窓会などには顔を出さずに体調管理などの自分の課題と向き合ってきました。まずはデイケアに通って通える日数を増やして体力を取り戻す。そして働いて給料を貰えるようにならなくては、と。私も努力してきましたが、どうしても同窓生達の生き方と比べてしまいます。「私だって体調を崩さなければ今頃」なんて、何度考えたことでしょう。

 

眩しい同窓生達の会話に、相槌を打ちながら私はこの人達からおいていかれているなと自覚してしまいました。どうしても背中が遠過ぎるのです。とある人は「他人と比べるものではない」と言いますが、私は多分他人と比べることによって統合失調症になってから失ったもの達を必死に思い出してかき集めようとしているのかもしれません。元気だった頃は確かに私もみんなと同じように頑張れていたのだ、と。

 

色んなところで「焦るな」とよく言われますが、延ばし延ばしになる思うようにいかない就職活動に対して焦りを感じないようにするなんてどうしたら良いのでしょうか。友人はもう就職して責任を持って仕事をこなしているのに、私はまだ就職すらできていないのです。ですから私にはどうして良いのかわかりません。綺麗事で納得しようにも、割り切れない感情があります。

 

ほんの少しですが働けるようになった今でさえ、私には色んな制限があります。早く働いて自立したいのに、まだそれは難しい話なのです。

 

そういった悩みに耐えかねたのか、この間漠然とした不安が出てきて希死念慮まで襲ってくるようになりました。本当は死にたくはないと思っていても「私は死んだ方が良いのではないのか?」という不安からの問いかけがとまりません。耐えかねて頓服を飲みましたが、症状が強く出過ぎてうまく効いてくれませんでした。希死念慮は私自身にもどうしようもできない感情なので、自分の事なのに気持ち悪さがすごいです。未だに希死念慮が出てきたときの対処法がよくわかっていないのでゆっくり見つけていきたいと思っています。

 

少し話が逸れましたね。

私は私の置かれている場所で頑張るしかありませんが、それでも割り切れない感情とたたかっています。あの時、自分の異変に気付いて早期に気づけていたらきっと今とは少し違う未来になっているのかもしれません。

 

自分の置かれている場所は思わぬところで急に変わるかもしれません。私は以前までの生活とは違うことを受け入れるのにも時間がかかりました。今、私が置かれている私の決して簡単なところではないと思いますが、時間をかけてゆっくり受け入れたいです。そして、就職などステップアップをして、もっともっと私自身が思っているところに行けるように努力していきたいと思います。