サボテンの気持ち

とある統合失調症当事者のメモ帳。たまに日常。

働きながら自分を大切にするためには

元気になって来たので働きたい!と思った時に私なりに気をつけたいと思ったポイントがあります。

 

最初は給料とかに目が行きがちですが、他のところもしっかりチェックしたいですよね。雇用条件をしっかり明記してくれないと不安になります。自分の中でここだけは働くにあたって譲れないポイントを考えると良いかもしれません。

 

私が働いていた時にこれは大事そうだなと思ったポイントをいくつか上げたいと思います。

まずは「職場間の連携は良いか」です。上司や同僚などと連絡がしっかり通ってないと振り回される可能性があります。

 

次に「質問や報告、連絡、相談がしやすい職場か」も気になるところです。質問しやすくても、しっかり答えてくれないところはとてもストレスがたまります。事前に連絡されずにいきなり業務などを言い渡されても、とても負担になりますよね。 仕事に集中したいのに、それ以前の問題で悩まされるとモチベーションも下がります。

基本的なことなのですが、こういうところがしっかりしていないと働きづらいです。

 

よく「体調管理も仕事のうち」だと言われますが、私は「体調管理がしやすい環境も大切」だと思います。不調を感じたら無理せずに休息をとりたいですよね。働くことも大切ですが、体調が悪化して再発してしまう前に休む事を優先させるべきだと思います。

 

以前、統合失調症になる前、自分は健康だから大丈夫と思っていた私は自分のメンタルのキャパシティを過信しすぎて取り返しのつかないことになりました。

精神的に追い込まれると体調を崩しやすくなります。最悪の場合、入院してそのまま休職期間が終わって退職しないといけなくなることもあります。

 

今は健康だから大丈夫だと思っていても、日頃からしっかり自分を大切にしてケアをしないと健康は保てません。

 

ストレスを発散できるところや、相談や愚痴を吐き出せるところを見つけておくことも良さそうです。

 

他に自分を大切にするためには「断る勇気」もいると思います。しっかりNOと言えることも自分を守ることになります。自分の希望を伝えられるようになることも大切です。

 

私はやっと回復してきて働けるようになってきたので、これからも気をつけていきたいと思います。