サボテンの気持ち

とある統合失調症当事者のメモ帳。たまに日常。

私の思考に雷が落ちた瞬間

今回は「私の考え方が変わった瞬間」について書こうと思います。

 

私はコミュニケーションが苦手です。

苦手すぎてコミュニケーションの取り方に自信がなく、結果としてスルーしてしまうタイプの人です。

メッセージを送りたくても何回も打ち込んでは消したりして結局は送れなかったりします。

 

コミュニケーションといっても同じ様に接しても受け取り方が違う人っていますよね?例えば、挨拶をしても返してくれる人もいればスルーする人もいます。同じ言葉を言っても相手の受け取り方次第では逆効果だったりします。

 

 

私は言葉や物事の受け取り方を認知と言う言葉でざっくり理解してます。これからは認知と書きますね。

認知の仕方にも何種類かタイプがあって、私は「べき思考」が強いタイプでした。自分のタイプが気になる人は「アンガーマネジメント」などで検索してみてください。

べき思考とは「ルールは守るべき」とか「これは常識的に考えてやらないべき」とかの思考が強いことを言います。べき思考が強いことを簡単に私の言葉で言い換えると「融通のきかない真面目さん」です。

 

べき思考が強い人って相手に期待し過ぎる傾向があります。例えば、「これは規則だからきっとあの人はするだろう」とか「常識的に考えてこうなるはずだ」とかですね。

 

ただ、人の性格十人十色。つまり認知のタイプも人それぞれなのです。全員が全員、べき思考が強い人ではありません。

 

それに相手に期待し過ぎるので、とても疲れます。自分のべき思考でがんじがらめになって、予想通りにいかないと物凄くストレスになります。

その思考が強過ぎるとイライラにつながって怒りやすくなるので、自分の感情をコントロールすることがとても苦手でした。ルールを守らない人を理解できなくてイライラしたりしました。ですが、ルールを守らない人にもその人の事情がある場合があったりします。

 

そこまで勉強してやっと私は「あぁ、私は融通のきかない人だったのだなぁ」と気付きました。

 

べき思考は大事な思考だと思いますが、そのバランスも重要だと思いました。

私は自分のべき思考にとらわれすぎていたのです。

 

学生時代までは、常識とかルールを守っていれば何も言われませんでした。そして第一志望の会社に就職できて、そこそこ頑張れていました。

それが正解だと思っていました。

 

しかし、統合失調症になって大好きな仕事を退職することになってその理不尽さに「正解って何だろう?」と思いました。

 

でもある日とある人とこんな話になったのです。

 

「常識って何?普通って何?正解って何?みんな一緒なの?個性とかあるんじゃないの?」と。

 

この言葉で一気に楽になりました。

そして、自分を見つめ直す機会になりました。

 

思考はコミュニケーションに影響します。

たまには自分の思考や性格を見つめ直すのも良いかもしれません。

 

その上で自分に合ったコミュニケーションの取り方とかをもっと学んでいけたらと思っています。

 

 

 

最後に。

私のブログを読んでくださってる方へ。

はてなスターやコメントなどありがとうございます。とても嬉しいです!

これからも頑張ります!

私が感じる食生活と運動の大切さ

今回は私が感じている「食生活と運動の大切さ」を書きます。

 

以前の私は統合失調症になってからとても疲れやすくなりました。怠さが残り、スッキリせず睡眠リズムなどもよくありませんでした。常に調子が悪い状態で生活していました。

 

この状態から抜け出したいと思い、統合失調症についての本を読んだりして解決策を探していると「精神疾患は薬だけの治療には限界がある」ということを知りました。

その中で私がすぐに改善できそうなことが、「食生活」と「運動」でした。

 

まず、私が気をつけたことは「間食を減らして偏った食生活を見直すこと」です。

 

そうすることによってまず、吐き気が減りました。私はもともと吐き気が強く出る人で、薬の副作用と思われる症状と合わさって耐えられなくなることが多く、とてもキツかったので吐き気が減って嬉しかったです。

 

その他にも調子が良くなりました。三食しっかり食べて間食を減らしました。ですから生活リズムが整ってきて、肌の調子がよくなり気分なども変わったと思います。とても過ごしやすくなりました。

 

私が調べた食材の中でオススメなものは「大豆製品」です。大豆の中にはトリプトファンと言う成分が入っています。トリプトファンは最終的にメラトニンにかわり、睡眠を助けてくれるそうです。そのおかげなのかわかりませんが、眠れる日が増えました。

 

 

次に「運動」について書こうと思います。

もともと私はスポーツが好きなのですが、疲れやすくなってからは運動から遠ざかってました。

運動をすることによって適度に疲れるため、運動をした日は布団に入ってからの寝つきがよくなりました。汗をかくと気持ちもスッキリするので、ストレス発散にもなります。ダイエットにもなるので少し痩せました。

気持ちがスッキリしたからか、意欲などがわいてくるようになりました。気分的に落ち込んでいる時でも、好きなスポーツや運動をすることによって体調が良くなったこともあります。

体力もつくので疲れやすさも少し改善されました。

 

このように「食生活と運動」を少し気にかけただけで、とても過ごしやすくなりました。

 

 

精神疾患の治療は服薬も大切だと思いますが、当事者の病気への理解とそれに対処する努力も大切だと気付きました。前の記事でも書きましたが、自分の症状を把握することによって、家族や周囲の人とのコミュニケーションもしやすくなります。主治医の先生との意思疎通もできるようになります。

 

自分自身でも症状など改善に向かうように予防できるようになるので、他にも私が取り組めそうなことを探していきたいと思います。

 

 

私がソワソワする時に感じていること。

今回は私が薬の副作用などでソワソワしている時に感じていることを書こうと思います。

私がソワソワしている時は、「自分では落ち着くことが出来ない時」です。

周囲が気になり、人の会話や物音に敏感になります。酷い時はただ座っているということも出来なくなります。その時は手や足を動かしたくなるので、とてもキツイです。座ることが出来ない時は歩いたりストレッチしたりしてます。

 

ソワソワと同時に不安が出ることも多く、吐き気などに襲われることがあります。そうなると頓服はだいたい効きません。

症状が悪化してどうして良いかわからなくなった時は、専門の機関などに電話して指示をあおいだりします。何回か夜間外来を受診することもありました。

 

電話して質問されることは「どんな症状なのか」「頓服はいつ頃飲んだのか」「飲んでからどれくらい経っているのか」などです。ですから、自分の症状や頓服を飲んだ時間などを事前にメモなどに書いておくと伝え忘れが減ると思います。初めて症状が悪化して、最初はどこへ電話すればいいのか全くわからなかったのですが、インターネットなどで調べたらしっかりと出て来てきました。なので電話番号などを事前に調べて控えておくと良いかもしれません。

 

電話をして指示をあおいでも、頓服が効かなかったり症状が悪化したり、つらいと感じる時は夜間外来へ受診に行ったりすると解決策が見つかる時もあります。

 

症状が悪化する前に自分の注意サインが出てきたら、まずは「頓服を飲む」「休む」「アロマオイルをたく」などのそソワソワしだした時の対処法を見つけておくことをオススメします。

対処法は本やインターネットなどで検索するといくつかの案や例などを見つけることができるので、自分が出来そうなことを試してみてください。目を閉じたり、深呼吸をしたりするだけでも少し落ち着けることがあるので、自分に何が向いているのかを探すといざという時に頼ることが出来ます。

この時の対処法をは、不安の時の対処法と少し似ているので応用して使えることがあります。精神的な症状は薬だけでは対処が難しいことがあるので、色々と難しくて嫌になります。しかし、日々の体調管理をしっかりしたいのでこれからも頑張りたいと思います。

 

私は最近、薬の飲み忘れが増えてきて多いのでまずは服薬管理を見直して体調を整えていきたいです。

薬の飲み忘れが多いと久しぶりに飲んだ時にボーッとしりするので、とてもキツイです。日頃からしっかり服薬しなくては、と思いました。

 

久しぶりの更新でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

私と不安感とのたたかい

今回は私なりの不安感との向き合い方を書こうと思います。

 

漠然とした不安感は急に襲ってくることが多いのでとてもキツいですよね?

私の中では不安感にも段階みたいなものがあり、最初は胸や喉が苦しくなります。次に吐き気が出てきて、最後に動悸や息苦しさで居ても立っても居られなくなります。他にもモヤモヤが取れずにずっとひっかかったり、少し違和感を感じたりします。どうしようもない焦燥感もセットで襲ってくることが多いです。

 

私の場合は最初はこの不安が症状とは知らなくて、頓服をあまり飲んでいませんでした。頓服を飲むことが苦手だったのもあります。しかし、漠然とした不安感も症状だと理解してからは頓服を飲むようになりました。

 

私はもともと不安感が強い人らしく、酷い時は毎日不安感が出てきました。頓服も効かないことが多かったので、その頓服よりも効果が強くて長い薬に変えてもらったりしました。

その薬は私には効果が強過ぎるので、半錠に割って飲んでます。薬を変えてもらう時には注意事項などをしっかり読んだり、質問することをオススメします。

薬を変えてもらってから新しい薬を飲むのにも勇気がいりますよね。「副作用はどれくらい強いのだろう?」とか「効かなかったらどうしよう」とか色々考えてしまいます。私は変えてもらってからすぐは一錠で飲んでたのですが、副作用が強く出過ぎて翌日は動けませんでした。なので主治医の先生にそのことをすぐに伝えると「半錠にしてみようか」と言われ、今に至ります。

 

私の場合は頓服を飲むだけでは不安感とはたたかえません。

頓服を飲む他に私が不安感と向き合うためにしていることは、ストレッチや深呼吸をしたりアロマオイルをたいたりすることです。好きな音楽をかけるだけでも少し違います。他には散歩などの軽い運動だったり、卓球などがっつりとしたスポーツでもスッキリします。

「不安感にストレッチ?」と思うかもしれませんが、不安感を感じている時は身体も緊張していることが多いので私には効きます。私の場合は肩こりや首のこりが酷いのもあるので、ストレッチをしてほぐしてみるととてもスッキリします。

他には、「好きなことをして過ごす」のも良いかもしれません。塗り絵など「取り掛かりやすく集中しやすい作業」などがオススメです。動けるのならばカラオケで発散したりするのもスッキリしそうですね。

 

不安感が強く出ると焦燥感なども出てくるのでイライラしたり、感情が引っ張られそうになります。落ち着きたくても落ち着かないので、その時に自分なりの対処法を見つけておくことをオススメします。不安になってから対処法を見つけようとしてもとてもキツいので、 「こういう時はこうしたい」と考えるだけでも違ってくると思います。「1人で居る時に出来ること」と「他の人と一緒にいる時に出来そうなこと」など色々パターンはあると思います。

 

対処法を試してもどうしようもなくなる時もあります。その時は私は受診して相談します。

夜中にそうなった時はとても辛いですが、最近は好きなホットドリンクを飲んだりして落ち着く努力をしてます。

まだまだ不安感とは向き合えてませんが、これから上手に付き合っていけるようになりたいです。

治療や勉強などで出来るようになったこと

今回は私が「治療や勉強などでできるようになったこと」を書こうと思います。

 

まず、治療や勉強などによって統合失調症はどういった病気だと言われているかを少しだけ理解出来るようになりました。最初の頃、私は病識が無かったので病気についてよくわかっていませんでした。未だにわからないことがある病気ですが、何故服薬が大切かなど自分を納得させる為には必要なことでした。自分の症状の特徴などを掴めるようになると、頓服を飲むタイミングなどもつかめるようになってきました。

 

実は私は頓服を飲むことが苦手でした。症状が出てから私のタイミングで頓服を飲んでも効果は薄かったですし、副作用だけが出てキツかったからです。なので「ギリギリまで我慢して症状が酷くなってから」飲むようになりました。しかし、それは私にとっては間違いでした。では、私の場合はいつ頓服を飲んでいるのかといいますと、「症状が出るまでの注意サインや予兆が出てきた時」です。そうすると症状が酷くなり過ぎずに穏やかに過ごせる様になりました。前にも書きましたが精神科の薬は私にとっては「症状などが出ない様に予防して飲むもの」ですので、頓服もそうなのだろうと思っています。

 

他にできる様になったことは「体調管理」です。食生活や睡眠時間など、気をつける様になりました。食生活については統合失調症について調べたりしている時に発見しました。詳しくはわかりませんが、食生活や栄養バランスが症状などに影響することもあると考えられているみたいです。食生活を気をつける様になって肌やその他の調子も良くなってきたのでこれからも続けていきたいと思ってます。

 

その他にも感情やコミュニケーションについても勉強するようになりました。統合失調症は感情のコントロールが難しくなるので、コミュニケーションも難しく感じます。周囲の人とのコミュニケーションが苦手な私にとっては難しい内容でした。しかし、勉強したり自分の認知のしかた(物事の受け取り方)の特徴を掴んだりすると少しずつコミュニケーションが取りやすくなってきました。

 

私は統合失調症になってから出来なくなった事が多く、そのことばかりに目がいってしまいがちでした。「今まで出来ていたのに出来なくなった」とネガティヴに考えていました。しかし、治療などによって少しずつ回復していることに気づきました。自分が回復していることを自覚できるようになると、自分の自信に繋がります。健康である大切さが理解出来るようになり、そして自分自身と向き合うようになりました。

自分自身と向き合うようになって「自分を大切にする」ようになりました。これだけでも少しは成長できたと思っています。

統合失調症と感情の起伏

今回は統合失調症になってから私が自覚している感情の波を書こうと思います。

 

私の場合は感情がコントロールしづらくなると調子が悪くなっているなと気付きます。

例えば、日常の中で起こる些細な事が気になってイライラしたりします。あとは変にハイテンションになったり、余裕がなくなっていつもなら受け入れられる事が受け入れられなくなります。イライラや怒りについての対処法はアンガーマネジメントと言う考え方を勉強しました。アンガーマネジメントを簡単に説明すると怒りやイライラをコントロールする考え方です。そのおかげで急にイライラなどが出てきても落ち着いて考えられるようになりました。

 

調子が悪くなる他にも服薬管理などが乱れてくると、感情のコントロールが難しくなる時もあります。私の場合は薬を飲み忘れると調子を崩します。私は調子が悪くなった時に最初に「何故だろう?」と考えるようにしてるのですが、だいたい思い当たるのは薬の飲み忘れです。薬を飲み忘れて薬の効果が薄まってくると、違和感を感じるようになりました。その違和感が症状の前兆なのかもしれません。

違和感や前兆の例を上げると「やけにハイテンションになる」や「頭の回転が急に早くなる」「逆に調子が良過ぎる」時もあります。

調子が良いのは良いことだと思う人も居るかも知れませんが、このハイテンションが続くととても疲れます。

医学的なことは難しいので私には書けませんが、頭の回転が早くなったりするとエネルギーを使い過ぎてしまって疲れてしまうのだなと思ってます。なので私にとっては調子が良過ぎるのも問題なのです。

 

他に現れる感情の変化は「やる気」や「意欲が低下する」ことです。他にも「考える事ができなくなる」や「動けなくなる」こともあります。

 

両極端ですよね?

 

統合失調症は脳に色々な障害が発生して感情の起伏が激しくなると聞きました。以前に比べて私は感情のコントロールがしづらくなりました。感情の波が激しいととても疲れます。

 

私は精神科の薬は「自分の状態を安定させる為に継続して飲むべきもの」だと思ってます。症状が出てくるのを予防したり、調子の波を安定させたりする為です。精神的な症状は数値化できないので自分の感覚を掴んだり、主治医の先生の話をしっかり聞いて対処法を見つけなければなりません。しかし、それには時間がかかります。「今、キツいからどうにかしたい」と思ってもなかなか思う様にいかない時が多いです。

 

私の正直な気持ちを話しますと「面倒くさい病気になってしまったな」と思ってます。病気と向き合うモチベーションを維持するのも大変です。投げ出したくなる時もあります。「今でも健康で居ることができたら仕事も続けられたのだろうな」とネガティヴな考えは止まりません。

 

しかし、周囲の人たちのサポートのおかげで何とかここまで回復することができました。病気と向き合うために自分でも努力をしました。

私1人では無理だったと思います。

 

最後に、このブログは私と似た様な悩みを持つ人やその周囲の人達、このブログを読んでくださってる方に「こんな症状や考え方があるのだな」と思ってもらえたら良いなと思って書いています。文章を書くことが好きなので書いていて楽しいです。もしよろしければコメントなどをしてくださるととても喜びます。

 

不定期な更新ですが、ゆっくりマイペースに頑張って書いていきたいと思ってます。

 

自分の病気について勉強して良かったこと

今回は、私が「自分の病気について勉強して良かったこと」を書こうと思います。

まず、自分の病気や症状についてどうやって勉強したかというと、同じ病気の人の体験談を聞いたり何冊か本を読んだり、インターネットで調べたりしました。私は3冊くらい読んだのですが本によってまとめ方や細かいところが違うので、一冊だけではなく出来るだけ色々な本を読んだ方が良いと思います。その中で自分にあった本を見つけられたら、その本が自分のバイブルとなるでしょう。

他にも症状について調べるだけではなく、私自身の症状の記録も取るようにしました。記録を取ると自分の体調や症状があらわれる波が把握しやすくなります。なので、自分の注意サインや頓服を飲むタイミングが分かるようになったので体調管理がしやすくなりました。

 

勉強するようになって良かったなと思うことは、自分がどんな症状なのか把握しやすくなったので周囲の人との意思疎通がしやすくなりました。例えば家族や友人に「こういった症状が出たから辛い」など相手にわかりやすく伝えられるようになりました。そうすると周囲の人からの理解も得られるようになってきたので、周囲の人も比較的安心して接してくれるようになりました。その他にも主治医の先生にも自分の症状について的確に伝えられるようになったので、微妙な変化なども把握して貰えるようになりました。なので薬や頓服などの相談もしやすくなりました。どんな時にどの頓服を飲めば良いのかなども理解できるようになり、自分の中での対処法が増えました。

そうすると服薬の大切さが分かるようになりました。勝手に服薬を中断して断薬をしてしまうと再発する確率がグンと跳ね上がってしまうのでそれは避けたいと思ってます。現に私が薬を飲み忘れたりするとすぐに症状があらわれたりするので、服薬管理をしっかり出来るようになりたいです。

 

他にも思わぬところでメリットがありました。

それは『障害年金を申請する時に自分の症状について書きやすくなる』ことです。障害年金を申請する時には自分で通院履歴や自分自身の症状について書かなくてはなりません。その時にどんな言葉で書けば伝わりやすいのか、この症状はこういう名前なのだなど理解できるととても書きやすくなります。それだけでだいぶん楽になりました。

 

このように自分の症状について把握できるようになるとメリットが沢山あります。デメリットをあげるのならば『自分はこういう傾向があると決めつけてしまう』ことがあります。そこの対応は難しいですが自分自身だけで決めつけずに、納得できるまで主治医の先生としっかり話し合うことをオススメします。疑問に思ったことや新しく出てきた症状などをメモして診察の時に主治医の先生に見せると伝え忘れがないと思われます。

 

メリットデメリットをしっかり理解した上で、自分の病気や症状について勉強すると対処法なども考えやすくなります。

 

 

私の病気、統合失調症は未だによくわかっていないところが沢山あります。なので、日々新しい情報を取り入れていきたいと思ってます。